塾では仕事を始める際に知りたい情報〜テキパキ働こう〜

教師

塾について知る

子供

塾での時給やコマ給とは

「塾」と一口に言っても、集団か個別か、また大手か個人経営かなどによって給与は異なります。個別指導よりも集団塾のほうが時給は高い傾向にあります。また、時給というシステムではなく、1コマあたりのコマ給制の塾もあります。大体の場合時給1000円を超えることがほとんどで、中には時給が5000円近くになる場合もあります。授業時間以外の業務、例えば報告書作成や問題集のコピーなどに自給が発生する塾もあれば、授業時間以外のの時給は発生しないという場合もあります。時給が高い塾は多くの場合、授業時間だけが業務なのではなく、それ以外の業務も求められることが多く、一方時給が安い塾は比較的与えられる業務の責任が重くないことが多いです。

仕事内容を確認しましょう

塾によっては、その授業の時間生徒を教えることだけが仕事のところもあれば、アルバイトや非常勤講師であっても、正社員と同じような仕事内容が与えられる場合もあります。例えば、アルバイトであっても生徒ごとのカリキュラムを作ったり、授業内容報告書のようなものを作成したり、保護者対応や保護者と生徒との三社面談を行なったりすることが仕事に入る場合があります。また、担当生徒の成績を上げることがノルマのようになっている場所もあります。さらに、個別指導の場合、毎回同じ生徒を担当するシステムになっている塾もあれば、その日に来ている生徒をその日にシフトに入っている講師が担当するシステムの塾もあります。仕事内容と仕事をする場所の雰囲気、時給など総合的に考えて働く場所を選ぶようにしましょう。

講師のアルバイト

英語

最近は塾の講師の仕事を始めようと考える人も多くなってきており、仕事にやりがいを求めて塾で実際に働こうとする人が増えてきています。塾で働くにはアルバイトと正社員の二通りの方法があります。

View Detail

英語の講師

生徒

塾の講師は一昔前に比べると現代は少し変化してきているようです。特に塾で行なわれている授業のスタイルなどは大きく異なっていて、英語の授業などで顕著にその変化を感じることができるでしょう。

View Detail

私立と公立の違い

教師と生徒

就職難の時代と言われていますが、保育士は東京などの都市部を中心に不足している状況です。保育園は私立と公立の2種類あり、待遇や勤務内容も変わってくるため、求人を探す際はどちらが自分に合うか判断する必要があります。

View Detail